♪♪♪♪~

誰だろこんな時間…


壁かけの時計に目をやると、 朝方の4時を指していた。



あ~ん。眠い;


枕元にある携帯を寝ぼけながら取り出した。



  「はい…。」





『もしもし?俺…カズキだけど…』



その声に思わず、ドキッとして心臓が跳ねるのを感じる。





え?え?カズキなの?

この声は…カズキだよね?





『今日会えるかな?嫌やか?』


「嫌な訳ないじゃん!
めちゃめちゃ逢いたいよ」






『じゃあ、シュンさんの家にいるから。』












嬉しさのあまり叫んでしまった。


「ヤッター!!!」















この作品のキーワード
ヤンキー  切ない  不良    純愛  イケメン  実話  運命  泣ける  赤い糸