きっと誰よりも君に近いのに、「好き」ってその一言が言えなくて…

この作品のキーワード
親友  片思い