俺は、今、仕事が終わり、リビングでくつろいでいた。


リビングのドアが開くと、航大が入ってきた。



「おぉ、悠真の世話は良いのか?」


「もう、お休みになられましたよ」


「そうか、悠真の調子はどうだ」


「最近、素直なんですよね、悠真様」



あまり、表情を変えない航大が微笑んでいた。



「どれだけ、我慢していたのかが分かるだろ。
でも、兄弟揃って、魔性だよな。
素直すぎて、可愛く見えちまう」


「昔から、そんな考え方なんですか?」


「そうだな、変わらねぇな。
それに、昔から計算高いだの、腹黒いだのと言われていたよ」


「どんな人だったんですか?」



珍しい、いつもはスルーするのに――。



「知りたいか。
まぁ、話してもいいか、長くなるぞ」




この作品のキーワード
BL  男主人公  同性  結婚  子供    短編  親子  過去