何か、拍子抜けした。



「おぉ、何だ、新しい家族が増えるのか。
良いことじゃねぇか。

やっとのクソ生意気な息子にも嫁?婿?
まぁ、いとおしくてたまらない奴が出来たのか」


「普通、文句言うとかないのかよ」


「はぁ、そんなそこら辺の奴と一緒にするな。

この俺が惚れた女が命がけで産んだ子だぞ、クソ生意気だろうが、可愛いもんだ。

そんな子供が惚れた相手を連れてきたんだ、何を反対することがある。

惚れた相手が誰だろうが、同性だろうがそんな些細なことどうでも良い。

この世で愛している息子が幸せだと胸張ってる姿を見られれば、何も相手には望まないさ」



「うるせぇな、クソ、親父」



親父は、笑っていた。

けど、嬉しさと恥ずかしさで顔を伏せた。



「あと、クソ息子一つ言っておくが――、

本当に好きなのならその愛を突き通せよ」



その言葉に嬉し涙を流している自分がいた。



「あっ、京ちゃん泣いてる」


「うるさいなぁ」


「可愛い」


「可愛くねぇよ」



こんなに愛されていたのに気がつかなかった俺は、大バカ野郎だ。

ただ、一人で拗ねてただけじゃねぇか。

本当に、敵わねぇな、両親には――。




この作品のキーワード
BL  男主人公  同性  結婚  子供    短編  親子  過去