「ほんと、可愛くない奴」



今日もそう言って笑う " 彼 " は

私のことを、ただの友達だと思ってる



「……あんまり、心配かけんなよ」



だけどね、私はいつだって

『あの子』を想う君のことが
どうしようもなく好きだった


君が思うよりも、随分前から


ずっとずっと、大好きだった




:+.:+* ゚ ゜゚ *+:.+:

*野いちご10周年記念の限定小説です*

小説を読むためのパスワード取得方法は
5月30日に野いちご10周年ページにて
発表予定です

。.:*:.。..。.:*:.。



\The 10th anniversary/
最大級の愛と、感謝を込めて。

 

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
野いちご10  幼なじみ  片思い  切ない  胸キュン