「おはようございます、片桐主任」

「おはよう」

「今日中にこの件、確認お願いします」

「片桐主任、アメリカから1番外線入ってます」

「片桐主任……!」


今週に入って、塔子は更に多忙を極めていた。
今まで抱えていた仕事も佳境に入るとともに、こないだ社長と商談した内容の打ち合わせも続いていた。

都合のいい事に大輔は4日間、社長と共に出張に出ていた。

(会わずにいられる……)

時間は15時を過ぎていた。
ようやく一息つくことができ、休憩室でコーヒーを一口飲むと、机の上に手を組み、額を乗せ目を閉じた。

(忙しい方がいいかも……)

鈍い痛みのする頭をなんとか立て直そうと、息を吐いた。

(薬……飲んだ方がいいかな)

「おい、大丈夫か?」

その声に、ゆっくりと頭を上げた。