「え、出張?」

お礼のキスから1週間が過ぎた頃。

あたしのデスクのそばまでやってきた渡瀬くんが、偶然空いていた隣の原田先輩の椅子にどかっと腰をおろした。


「そう。来週末、大阪で展示会があるのは知ってるよな。そこで、うちの会社も小さいけど出展ブースをもらえてる。その手伝いに、俺も行くことになった」

「へぇ。いってらっしゃい。お土産、よろしくお願いします」

軽く頭をさげて、やりかけの仕事に取りかかろうとパソコンに向き直ったら、渡瀬くんが突然あたしの左肩をつかんだ。


「いや、いってらっしゃいじゃねぇよ」

「じゃぁ、何?」

力強く肩をつかむ手にドキリとしながら振り向いたら、呆れ顔の渡瀬くんと目が合った。


「何、じゃなくて。その出張にお前も一緒に行くことに決まったから」

「え、あたしも?」

この作品のキーワード
オフィスラブ  同期  キス