次の日はテスト範囲が出るとの告知があったので、出席する。


ここを落とすとテストで散々な結果になる。


「ねえ、相川さん。知ってた?渡瀬先生が結婚するの?」


手に大量の小さなカードを手にしたクラスメイトが瑞帆の席にやってきた。


「先生にサプライズでプレゼントしたいからさ、このメッセージカード書いてくれない?」


嫌なんだけどと答える前に、彼女たちは次の相手へと移っていく。


静かに溜息をついてメッセージカードに文字を書きこもうとするが、何も浮かばない。


瑞帆はボールペンでただ「おめでとーございます」と文字を書いて、ポーチの中から香水の小さな瓶を取り出し吹きかける。


瑞帆は忘れることが出来るが、香はこの香りを嗅ぐたびに瑞帆のことを思い出すのだ。


思い出せばいい。


そして、どうしようもなく快楽を求めてさまよえばいいのだ。


いや、あの男はそんな風に瑞帆のことを思い出したりはしない。


付き合おうと言ったのは、なんの意味もないただのお遊び。


中毒者は瑞帆。


依存していたのは瑞帆。


香のゲーム盤の上で右往左往して、いたのは自分の方だったのだ。


その証拠に、何事もなかったような顔であのふくよかな白いワンピースに身を包んだ女と一緒に人生を過ごしていく。


公の場所で「僕の妻です」と胸を張りながら答えるのだ。


教授が来るというのにも関わらず、瑞帆はそのメッセージカードをクラスメイトに手渡して教室を出る。


大学の近くにあるコンビニで煙草を買った。


天気のいい大学の敷地の中にある喫煙所には、授業をサボっている人達で溢れかえっていた。


買ったばかりの新品の煙草に火をつけて、煙を吸い込む。


ただ吐き気のする煙を身体の中に取り込む作業を続けていると「ねえ、火ちょうだい?」と聞き覚えのある声がした。


顔を上げると、昨晩酒をご馳走してくれた男だった。


「昨日はどうも」


「……」


「また会いたかったんだ。火もらえる?」


「……どうぞ」


「同じ大学だったんだね」


ニッコリと笑って言う男に火だけを貸して、無視を決め込む。


「俺の名前は中村 優(なかむら ゆう)文学部4年」


「……そうなんだ。興味ない」


「……そう」


「……」


「煙草好きなの?」


静かに問われて、静かに答えた。


「大嫌い」



To be next story...【Candy】