ちょうど一年前。


私が高校一年の時。


先生に『クラス全員分のノートを集めて、社会科準備室に持ってきてほしい』と頼まれた。


ノートって、積み重なると想像以上に重いし、足元が見えなくて。


踏み外さないように、階段を一段一段降りていると、

「危ないから、貸して」

という言葉で、急に視界が開け、腕の痛みが消えた。


誰かがノートを半分以上持ってくれたのだ。


その『誰か』が瀬名先輩だった。


「どこに運べばいいの?」


「社会科準備室です」


「了解!」


そこで初めてふたりの視線が重なった。


さらさらの黒髪に、綺麗な瞳。潤いのある唇。イケメンを超越した素敵な人。


私の心に恋という天使の矢が命中した。


つまりは、一目惚れ……。


この作品のキーワード
藍崎恵衣  一目惚れ  王子様  キス    頭ぽんぽん  独り占め  花火  短編  先輩