平さんは、あたしなんかでいいのだろうか。

他に好きな人がいるのではないのか。







「マジで?良かったじゃん、藍」




あたしの話を聞いて、林さんは喜んでくれた。

あたしが晴れて平さんの彼女になれたのも、林さんのおかげだ。

林さんの言葉がなければ、あたしと平さんの関係は終わっていた。

でも……



「平さん、他に好きな人がいるみたいなんです」



問題はそこだ。



「それなのに、あたしと付き合っていていいのかな」


この作品のキーワード
スタイリスト  OL  イケメン  年上  オトナ