平さんの家は、住宅街にある単身用の1LDKだった。

ただ、デザイナーズマンションのようで、広くてお洒落だった。

さすが平さん、マンションまでお洒落なのかと舌を巻いてしまう。

そんなあたしを部屋に招き入れ、



「広くないけどどうぞ」



いつも通り穏やかに告げる。





平さんの家に足を踏み入れながら、やたら大きい音を立てる胸を掴む。

剥き出しのコンクリートの壁に、大理石のような白いフローリング。

そして、アイランドキッチン。

その全てが洗練されていて、お洒落で。

微かに漂う煙草と平さんの香りに焦がれた。


この作品のキーワード
スタイリスト  OL  イケメン  年上  オトナ