ずっと感じていたその予感は、現実になった。


「杏奈…」


もう何度目か分からない彼女の名前を呼ぶ。


いつもなら俺の名前を呼び返してくれるのに、愛しい彼女の口から吐き出された言葉は


「今日で…終わりにする。
もうこんな風に会うのも今日が最後だから…」


俺への別れの言葉だった。


彼女は目をそらさなかった。


本気なんだと目を見て感じた。


「何勝手な事言ってんの?
終わりなんて言わせないよ。」

「……っもう…決めたの…」

「俺は認めないから」

「……………」