「夏輝くん、好き」

「うん、ありがと」




決してイエスの返事をしない彼は




「多分一生、俺はこの人以上に好きになる人には出会えない」





誰にも言えない


秘密の片想いをしています








届かないのは分かってる



けど、私は─────











1%の可能性に想いを込めて









『クールなヒーローに甘いお菓子を。』
に登場する千秋の弟、夏輝のお話です





この作品のキーワード
片想い  秘密の恋  一途  切ない