「仕事中に呼び出すのは、やめてください!」

社長室のドアをノックもせずに、バンッと勢いよく開ける。
ソファーに座ってこっちを見てるのは、叔父である社長と…
げっ!鬼部長!?

長い足を組んで、冷ややかな目で私を見てるのは、間違いなく、私の苦手な上司、篠宮部長。

「栗原。ノックぐらいしろよ」

確かに部長のおっしゃる通り。

「申し訳ありません」
私は頭を下げた。

「いいから、いいから。朝海ちゃん座って~」

社長はあっけらかんとした態度で私を手招きする。


この作品のキーワード
地味  イケメン  部長  オフィスラブ  シンデレラ  偽装  婚約者