「やっぱり気を悪くしたよね。勝手に別れといて、今さらって感じだろうし」

 伸ばしてきた時と同じように、そっと手を引いた彼が力なく微笑んだ。


 どうしてそんなことを言うの?
 デートをしてくれて嬉しいのに。
 再会するまでずっと聞きたかったことを、少しでも話せてホッとしてるのに。

 今の彼を知りたくて、勇気を出して部屋にまでついてきたのに……。


「……勝手だよ、陽太くんは」
「そうだよな……ごめん」
「今さらなんて言わないでよ。私だって、会いたいって思ってたんだから」

 想いが溢れて、涙腺が緩む。
 悲しくなんてないのに、どうして泣きたくなるんだろう。

 驚いた顔で私を瞳に映してから、彼はひとり分の距離を保ったまま私の手に触れた。


「少しずつでいいから、今の仁香のことを教えて。俺のことも知ってほしい」


 見えなかった彼との心の距離は、思っていたよりも近くにあったのかもしれない。

 これから少しずつ。
 空白の七年間も、今のお互いのことも共有していけたらいいな。