先日、柚に頼まれて行った身代わりお見合いは、予定通りお断りをしてきた。
 周防さんも「実は、私も乗り気ではなかったので」と言ってくれて助かったところはある。

 とはいえ、入社してから早々に謝罪に伺うつもりだ。

 彼が“陽太くん”かどうかは別として、柚として身代わりだったのはいずれバレるだろうし、私が柚ではないことは社員である時点で明らか。
 これ以上、身代わりを続ける必要もないなら、潔く謝って許してもらった方がいい。

 SUNRISERへの入社を二日後に控え、自宅の八畳のリビングでミルクティーを飲みながら、ノートパソコンの画面を眺める。
 企業概要には、やっぱり周防さんの名前と挨拶文が載っていた。