天野と目が合った瞬間。

今だ、と和哉は思った。

「……あなたが、土日に家を空けることが多かったって、美咲から聞いたんですけど」

先日、天野から会社の方に電話がかかってきて、 美咲の今後について話すために、今日このホテルで会うことが決まったときから、言おうとしていたことだ。


「もしかして……
お子さんたちに会ってらっしゃったんじゃないんですか?」