寒川が引っ越してきてから3週間が経った。

人生初の一人暮らしは快適だった。

何をしても、家族の目を気にすることはない。干渉されることもない。

好きなものを食べ、好きな時間に行動し……。もっと早くからこうしていればよかったと何度も思った。

しかし、最初のうちは張り切っていた自炊が、だんだん億劫になってきた。

さおりの姿が脳内にチラつく。引越し初日に振る舞われた料理も。どう頑張ってもあれほど上手く作ることはできない。

ここ数日は帰るのが遅くなり、インスタントばかりで、洗いものも溜めてしまっている。



この作品のキーワード
OL  年下  じれじれ  お隣  料理  鈍感  ほのぼの  天然  胸キュン