週明けの永瀬さんは相変わらずだった。

「おい、寝ぼけてんなよ。
この書類午前中な」

「寝ぼけてなくても午前中じゃ無理ですってば」

「そのくらいの勢いでやれって言ってんだよ。
学習しねえなあ」

「永瀬さんの言い方が悪いんですっ」

クスクス聞こえる永瀬チームの笑い声。

まあ、いつものことだ。

にしても、朝から意地悪すぎる。

これでよく私のことを好きだなんて言えたもんだ。

この前は…あんなにやさしかったのに。

髪を撫でて、抱きしめてくれたのに。


…いやいや、そんなこと考えてる場合じゃない。

ブンブンと首を横に振った。

仕事は仕事。

永瀬さんに意地悪言われるのもまた仕事のうち。

それでも動揺しているんだろうか。

何度データの打ち間違いをしたかわからない。


永瀬さんは電話を耳と肩の間に挟みながら、パソコンを叩いて会話をしている。

電話をしている時の永瀬さんは、私に意地悪するときとは大違いの穏やかな声だ。

当然しゃべり方も丁寧だし、どうなってるんだこの人は。

…だけど、電話をしている時の声は嫌いじゃなくて、思わず聞き耳を立ててしまう。

私にやさしいときの永瀬さんの声と、似ているから。

ちょっとだけ、キュンとしてしまうから。


この作品のキーワード
上司  部下  イケメン  胸キュン  面白い  意地悪  片思い