時は10月。

少し肌寒い空気に包まれ、数週間前の文化祭の喧騒なんてなかったかのように、しんと静まり返った教室。

「先生」の声だけがこだましてる、、。

けだるげに授業を受ける生徒たち。

ただ一人を除いて、、。

この作品のキーワード
先生  純愛  高校生  先生と生徒