暗めの照明に揺らめくキャンドル。


私の前には瑠璃色に輝くカクテルがあり、右隣には芸能人と間違われてもおかしくないような容姿とオーラを兼ね備えるイイ男。


その男は琥珀色に輝くウイスキーをその綺麗な口元に運ぶ。



そして、こう言った







「お前もいい男見つけて、落ち着けば?」





この作品のキーワード
幼馴染  イケメン  胸きゅん  じれじれ  大人の恋愛