『なんで私?って思ってるでしょ。


惚れた弱みだね。壇さんに関しては本当に冷静な判断ができない。


君が本当に好きなんだ。


こんな電話越しで言うことじゃないかもしれないけど、僕ならあんな辛そうな顔、絶対させない。


付き合おうまでは言わないから、彼のこと思っててもいい。


僕を利用する気持ちで、もう一度、食事に行かない?』



秋月さんの真っ直ぐな思い。
そして、有無を言わせぬ大きな存在感。


弱りに弱った私はその甘い言葉にフラっと傾いてしまった。




「じゃあ。お願いします…。」




『よかった。また壇さんと会える』




そう言って彼は甘い声で『おやすみ』と電話を切った



これでよかったのかな。


また秋月さんを傷つけるんじゃ…と思う気持ちが拭いきれない。



また明日、結花に相談してみようかな…。
私一人じゃ複雑すぎて分かんないし。



そう思いながら眠りについた。



この作品のキーワード
幼馴染  イケメン  胸きゅん  じれじれ  大人の恋愛