◇◇◇

王太子に髪飾りを贈られた日から、半月ほどが経つ。

夏は盛りを越えて、幾分過ごしやすい気温となっていた。

私の体調はすっかり回復し、王妃に使役される日々に戻っている。

王妃の嫌味程度なら聞き流すことができるし、最近は王女からの嫌がらせを受けていない。

総じて平和の中で過ごしていられるのは、王太子が妹を懇々と諭した効果だと思われた。


その点において彼には感謝しているけれど、私に謝りたいと言ったはずの王女からは、まだ謝罪されていなかった。

やはり反省などしておらず、私との関係を改善させる気もないということだろう。

王女がそのような態度でいるならば、どうしようかと迷っていた私の心も、仕返しをする方向で傾き止まる。

好機を虎視眈々と狙い、その時が訪れるのを待ちわびる。

早く仕返しして、スッキリしたいわ……。


時刻は十六時半。

自室で式典用の正装から、普段使いのデイドレスに着替えを済ませた。

手伝ってくれたメイドが会釈して退室すると、私はアマーリアを抱いて椅子に腰掛ける。

丸テーブルには、先日編み上げたばかりのレースのテーブルクロスがかけられている。

その上に紅茶のカップがふたつ。

ひとつは空で、アマーリアのもの。
私のカップにはメイドが注いでくれた紅茶が、香り高い湯気を立ち上らせていた。

この作品のキーワード
王宮  秘密  公爵令嬢  胸キュン  王太子  甘い  貴族  腹黒  中世  純愛