★あとがき



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もう少しモテ期に右往左往するはずだったのに、鈍すぎていまひとつ動いてくれない主人公でしたが、ちょっとは自分で頑張って幸せになってくれました。


「富樫課長って溺愛しそうですね」
「でも信じてもらえなそうです」
というやり取りを感想ノートでさせてもらった途端に富樫課長の恋が浮かんできて、忘れないうちに勢いのまま新作始めました。

『たった一つの勘違いなら。』
こちらの番外編後あたりの時間。グループ本社に戻っても相変わらずチャラい富樫課長が、本気の恋に目覚めるまでの中編ストーリーです。

一気に書いていけるかわかりませんが、本棚インして頂けたらやる気出て捗るタイプですので、もしよかったらぜひそちらも覗いてみてください。

2018.02 和音


この作品のキーワード
社内恋愛  同期  片思い  逆ハー?