奏汰「久しぶりだな、千紗。幼稚園の先生になってたんだな」

千紗「奏汰先生…(涙)」

奏汰「あっこらっ、泣くなっ!せっかく落ち着いたのに、しんどくなるぞ」

私は、奏汰先生がいることにビックリしたのと同時に、奏汰先生に会えたことで安心してしまった。

のも束の間、奏汰先生の怒った顔を見て、これから始まるであろう説教タイムに体がビクッとなった。