「どういうことなんですか……?」


 澄花は震える声で問いかける。

 その視線を受けて、龍一郎はもうあきらめたのだろう――はっきりと口にした。


「――君を見染めたのは……春のKATSURAGIのパーティーじゃない」
「そういえばあの時も、私の事を知ってるって……」
「ああ。七年ぶりだった」
「七年……」


 七年というのは澄花にとって意味のある数字だ。

 しっかりと立っているはずの足元が、グラグラと揺れる。

 龍一郎は青白い顔をして立ち尽くす澄花の手を取り、部屋の中にある小さな椅子に座らせた――。




この作品のキーワード
契約結婚  年の差  溺愛  純愛  嫉妬  俺様  御曹司  ジレジレ  強引  不器用