両家の話し合いで
結婚式は6月に決まった


『いずれは同居だけれど、気が済むまで二人で暮らしなさい』
と父が用意してくれたマンション


普通なら、家具や食器、これから始まる
二人の生活に必要な物を
二人で選びたかったのに

『愛華さんに任せます』
一見優しい言葉だけれど

裏を返せば興味ないことの証明みたい

けれども誘うつもりもなくて
一人で準備を進めた


新居に足を踏み入れる度に
無機質の空間に色が入る

本当ならそれも楽しいはずなのに・・・

ちっとも楽しくない


ベランダに出て夕暮れの景色を
眺めていると・・・

遠くに沈みゆく太陽が
凄くきれいで涙が落ちそうになる

式が決まってからの私は


ため息ばかり


・・・マリッジブルーかな

結婚式前なんて幸せの絶頂じゃないの?



少しずつネオンの灯り始めた眼下の街



・・・ぼんやりしてちゃだめ



言い聞かせるように
新居を出た


なんとなく真っ直ぐ帰りたくなくて

・・・そういえばあの映画今日までだった

映画館へ足を進めると
週末でもないのに結構な人

見たい映画は空席が目立っていた

一人で見る映画も久しぶりで


・・・コーヒー買わなきゃ

重い扉を開いて
ドリンクコーナーの列に並ぼうとした時

列の前方に見覚えのある背中が見えた


・・・あっ

いつもいつも見ている背中
間違える訳がない

仕事帰りのスーツ姿
悔しいけれど
格好いい

悪いことをしている訳でもないのに
1つ前に並んでいる学生達の影に隠れる


・・・なんの映画を見るんだろう?

不覚にも興味津々
真っ直ぐ立つその背中に

少しドキドキしている自分

・・・振り返ったらどうしよう

・・・どうして振り返らないの?

矛盾を繰り返す


気づいてくれても
一緒に映画を見る訳じゃないのに

高揚した気分を抑えられず


楽しいことを見つけ出した気分だった


そう、隣に立つ女の人に気付くまでは

この作品のキーワード
政略結婚  お嬢様  イケメン  溺愛  ツンデレ  婚約破棄  ハイスペック  花嫁修業  大人の恋