「はあぁっ、、ふっあっ、、んんっ、、あっ」


あまりの激しさに、全身の力が抜け捕まっていた腕が外れそうになったとき、身体をベットに倒された。

「、、、、年寄りをあんまり煽るな。」



欲情に満ちた優しい透の顔を最後に彩葉は、ゆっくりと堕ちていった。