激しい動きに、抱きついていた背中に爪を立ててしまう。

それに気づき、慌てて手を離そうとすると透から強く抱きしめられた。


「いいから。しっかり掴んどけ。」


より一層速さを増す動きに、彩葉の爪が透の背中に食い込む。

透は彩葉の首元に顔を埋め、消えかかったいたそこに新たらしい痕を残す。

「やっ、、んんっ。」



達しては、幾度となく求め合い、強く抱き締めあった。
そうやって初デートの夜は更けていった。