それとも他を試してみたくなったか。



どちらにせよ、許せなかったのは確かで、、、彩葉を振っておいて、自分勝手な感情。

透は、自分で何がしたいのか分からなかった。





こんな17も下の女に振り回されるなんて、、。




ため息をついて時計を見る。
、、、もうやがて仕事に行く時間だ。

ベットから下り浴室へ向かう。



素早くシャワーを浴びて
メモ紙を取り、描いた紙と合鍵を置いて

部屋を出て、仕事に向った。