「おはよう」

「おはようございます。
朝ご飯、ちょっと待ってくださいね」

いつもの朝のいつもの会話なのに、ぎこちない気がしているのは多分先生も同じだろう。

だけど、いつも通りご飯を食べて準備をして、私たちは車に乗り込んだ。


車の中で会話はなく、先生の好きなロックバンドの曲が小音で鳴っている。

ほんの数分の距離なのに、それがとても長く感じて胃が痛くなるくらいだった。

『本当は最初から凜を好きだったって言ったら…
契約結婚なんてただのこじつけだったって言ったらどうする?』

ありえない、と思った。

だって先生は『女嫌い』。

最初から私のことを好きだったなんて、そんなこと絶対にないと思った。

だから言及するのが怖くて…

私が泣いたから、リップサービスでそんなふうに言っただけなのかもしれないって、またマイナスにばかり考えてしまう。

「凛」

駐車場まで着いたとき、降りようとした私の腕を先生は引っ張った。

「…帰ったら、ちゃんと話がしたい」

「…はい」

先生の顔がとても険しくて…それがどういう意味を表しているのか、私はその心情を読み取ることもできなかった。