そして復職してから3か月後—————


休職中から、私はリハビリがてらこの日のために少しずつ準備を進めていた。



「晴れてよかったねえ」

「ホント、昨日は降ってたから、てるてる坊主作ったんだ」

「イマドキてるてる坊主?小学生じゃないんだから」

「なによー」

着物姿のお母さんが、鏡越しに笑っている。


ごく少数の身内や友人を招いて、都内の式場で挙式。

海外で体調を崩したら困るからグアムは諦めたけど、念願のIRIAのドレスを着れたから、それでじゅうぶんだ。


「新郎をお呼びしていいですか?」

スタッフに声をかけられて、はい、と立ち上がった。