相崎くんに振られた次の日。

学校に来るなり、私は死んだように机の上に突っ伏していた。


「もー、相崎に振られたくらいで、そんな落ち込まないでよ」


しかし、そんな元気のでない私にも、皐月は容赦なく言葉を落としてくる。


「落ち込むに決まってるじゃん………」


昨日は本当に散々な一日だった。

告白をしたのは自業自得として、せっかく相崎くんがカーディガンを渡しに来てくれたにも関わらず、床に落としたまま逃走。


挙げ句の果てには日誌まで放り出して、ついさっき先生に怒られたばかり。


「うぅ………相崎くんと顔合わせたくない………」

「告白なんて日常茶飯事なんだろうから、あっちは気にしてないと思うよ?」

「私が気にする」


「あはは、今にも凍えそうな顔してんね」

「凍えそうなのはカーディガンがないせいだよ。無くしちゃったし」