会社で仕事をしていると、営業部から出された書類に不備があることに気が付いた。

出張費の申請書の日付が間違ってる。
締め日をまたがった書類だから、ちゃんと確認しないとだめだ。
ついでに印刷会社から出来上がった名刺も届いてるし、直接行って確認してこようかな。

そう思って立ち上がった。

「営業部に行ってきます」

書類と名刺が入った箱を持ち、上司に声をかけて歩き出す。


途中、廊下で他部署の女子社員とすれ違った。

ネイビーのベストにタイトスカート、そして白いブラウスに胸元にはワインレッドのリボン。
楽しげに話しながら歩くふたりの女子社員に思わず目を奪われる。

スカートからすらりとのびる足や、胸元で綺麗な形に整えられたリボンや、肩の上でふわりとゆれる明るい色の髪。

なんだか、ふたりが通った後は空気がキラキラしてみえる。
支給された制服は同じはずなのに、どうしてこんなに違うんだろう。