互いに仕事とプライベートを切り離し、朝比奈との関係は続いていた。


「コーヒーをお持ちしました」

「あぁ」


いつもと、何ら代わり映えのしない日常のやりとり。


「今日のご予定ですが・・・」


と、朝比奈のスケジュールを伝える。


「大丈夫でしょうか?」

「あぁ。佐伯との打ち合わせに、後2人加わる」


2人?


「と、言いますと?」

「広告担当とカメラマン」

「承知致しました。では、失礼致します」


軽く頭を下げ、朝比奈に背に向ける。


「結衣」


いつしか、下の名前を呼ばれるようになった。

そして朝比奈が下の名前を呼ぶ時は、基本プライベートの話をする時だ。

この作品のキーワード
胸キュン  切ない  秘密  過去  じれじれ  オフィスラブ  大人の恋  ワケあり  すれ違い  不器用