12月。

僕は病院の仕事に慣れ始め、
女の子たちとも過ごすようになった。

外来のあのナース(高梨さん)は夫がいたので断ったけど(面倒は嫌いだ)、
一緒にいたもうひとりのナースは独身だったので、
時折セックスするようになった。
あと、数人と…

コンビニでコーヒーを買うと、
いつもあの子が少し物言いたげに笑顔を見せてくれたけど…
僕の嗜好の範囲の外だし…


僕はいつも通りの生活に戻り、リズムができて金曜日の夜はホテルのベッドで誰かと過ごし
土日は家事をしたり、
気が向けばキャンプがてら
星を見に行ったりして過ごした。

やっぱり1人は気楽で良い。

また、そう思い始めてきたのに…







この作品のキーワード
大人の恋  溺愛  年の差  結婚