マンションを出て、先に見える駅までの道を目を凝らして見る。

いない。

振り返って、マンションの出入り口を見る。

いない。

広海くんはもう行ってしまったのかな。

お粥を届けられなかった私は土日、広海くんの姿を一度も見ることがなかった。

熱は下がっただろうか、ご飯はちゃんと食べているだろうかと何度も心配をして、何度も訪ねようと玄関まで行ったけど、靴さえも履けなかった。


会社に着いて「おはようございます」と海外事業課のドアをおそるおそる開ける。

広海くんがいるかどうか気になって、堂々と開けられないのだ。


「片瀬さん、おはよう。どうしたの?」

「あ、いえ。おはようございます」


高橋さんに手を振られて、私は姿勢良くした。こんな不振な動きをしたらかえって目立つ。目立つのは嫌だ。

そおっと視線を広海くんの方に向ける。彼は何かのファイルを開いていた。うん、顔色も良いし、元気そうだ。

自分のデスクに行き、パソコンが立ち上がるのを待っていると「片瀬さん」と右斜め後ろから呼ばれる。呼んだのは広海くんだった。