現実を受け止める事が出来なくて、弱い私はその場から逃げた。

それでも、私が見ていた事を知ったのか、次の日彼から別れの言葉を告げられた。


『志穂に俺は必要だった?』


しっかり者の彼に釣り合おうとして、なんでも自分でやっていた私。

その事に、寂しさを覚えていたらしい。

もっと頼って、甘えてほしかったんだって。

そう言われて、あぁと思った。

だって、後輩のあの子は、甘え上手でのんびりした子だから。


あぁいう子が良かったんだ。

守ってあげたくなるような、か弱い子が。

だったら、そう言ってくれればよかったのに。

私だって、寂しくて泣きたい時も、会いたくて仕方のない夜もあったのに。

それでも、頑張って我慢していたのに――…。



だけど、作り上げられた『聞き分けのいい私』は、告げられた彼の別れの言葉にコクンと頷いた。

そして、必死に口角を上げて、さよならと口にしたんだ。