「んあぁっ……」

思わず大きな声が漏れてしまうほどの熱量と質量が、私の中に入ってくる。

苦しいほどの圧迫感だ。

男性経験が多いわけではない私が言うのもなんだけど。

こんなの、初めてだ。

なんなく奥深くまで届いてしまって、目の前に星が飛んだ。

凱莉さんが動けば動くほど、もう何が起きていて自分がどうなってしまっているのかなんて、一切考えられないほど。

凱莉さんから与えられる快感で、飛びそうになる意識を必死で堪えるだけだ。

自分から出る淫らな喘ぎも粘着質な水音も。

無意識に自分から「もっと」と求める欲も。

もう恥ずかしいなんて思えない。

二人とも本能のままに。

欲望のままに。

ただひたすらに激しく求めあった……。

「ごめん。病み上がりなのに無理させたな」

2人の吐息がようやく落ち着いた頃、凱莉さんは優しく私の頭と身体を撫でながらそう言った。

「いえ。加減しないでって言ったの……私ですし……」

そこまで言って、私は火を噴くほど真っ赤になってしまった。

そうだ。

冷静になればなんて恥ずかしいことを言っちゃったんだ。

顔を上げられず、私は凱莉さんの胸に顔を填めた。

「安心しろ。ちゃんと加減はできた」

「…………」

うっそ。

あれで加減できたって?

驚くべき凱莉さんの発言に、私は自分の身体が壊れるのを想像して。

……ちょっと期待してしまった……。

変態か、私は。

長いこと私の身体を気遣ってくれていた凱莉さんが、「明日、会社で待ってるからな」と言い残して部屋を出たのは、ちょうど日付が変わった頃だった。

明日もきっと、いつもと変わらない日常なんだろう。

けれど二人のなかで大きく変わった関係の余韻に浸りながら、私はダルい身体を抱きながら眠った。