ぎゅっと握った手が弱々しく握り返されて、目を閉じたままのナオの口角が少し上がった。

「…信じてほしい。
俺は何も知らずにひとりの女性に運命を感じて一目惚れした。
それが詩織の妹でもなんでも関係ない。
明里に詩織を重ねたことなんか一度もない。
俺は『高野明里』のことを、心から愛してるんだ」

信じないわけにはいかない。

ナオはこんなに顔色も悪く、しんどい状態なのに、私に伝えたいことを一生懸命言葉にしてくれたのだ。

ナオが呼ぶ『明里』はとても愛おしそうな声だった。

それだけで、私は幸せだと思えた。

ダメな『明里』をいつも支えてくれていた。

いつも私の気持ちに寄り添ってくれた。

大事なこと全部、私は『詩織』にこだわりすぎて見失っていた。

「…ナオ…ごめんね。ちゃんと話をしなくて…
疑うことばっかりで…ごめんなさい」

力ないナオの手を握ったまま泣き続け、ナオの手はますます濡れていった。

「よかった…話せて…明里…」

そのまますうっと寝息が聞こえ、ナオの顔はもう、つらそうじゃなかった。

つらかったのは、身体が疲れていたからじゃなくて、私のせいだったのかもしれない。

そう思ったら、ますます涙が溢れた。



この作品のキーワード
副社長  御曹司  一目惚れ  すれ違い  切ない    姉妹