自分の彼女がどうも浮気をしているらしい。

太田がそんなことに気付いたのは、もうかなり前のことだった。


つき合って二年もすればそんな時期が来るかもしれないと覚悟はしていた。

しっかり想定済みだった太田は、先手を打って努力はしてきたつもりだ。

どんなに忙しくても会えないと絶対口にはしなかったし、彼女だけにのめり込んでマンネリにならぬよう、友達づきあいとのバランスもうまく保っていた。

もしや自分は最高の彼氏なんじゃないかとさえ思うこともあるほどだった。


だからこそ納得がいかない。

冗談じゃない、自分を失ったらきっと後悔するぞ。

どこにもぶつけられぬ思いを秘めたまま、太田は悶々とする日々が続いている。