「結局男ってさ……何考えてるんだろう?」

「さぁ?そんなん私ら女にわかるわけないやん」

「だよねぇ……」

アラサーの女二人でどんなに考えてもなんの答も出ないまま、ひたすらチューハイを飲む。

酔って何もかも忘れたいのに、こんな時に限って全然酔えない。

こんな時に限って……というか、元々私は無駄にお酒に強すぎる、いわゆるザルってやつだ。

これくらいの量のお酒で酔うわけがない。

それがわかっている葉月は自分のペースを崩すことなく、明日の仕事に差し支えない程度にゆっくりと飲んでいる。

「あーもう、全然酔えないよ‼一度くらい記憶なくなるほど酔ってみたい!」

「確かに志織がへべれけになってるところなんか見たことないなぁ。もっと強い酒頼むか?」

「そうする」

メニューを広げて何を注文しようかと考えていると、空いていた隣のテーブル席に二人の男性客が座った。

「おっ、偶然だな!」

声を掛けられてそちらを向くと、隣の席に座っていたのは営業部の三島課長と瀧内くんだった。