食事を終え、予め用意しておいた午後からのミーティングの資料を柊ちゃんに渡したあと、急いで副社長室へと向かった。

副社長室の前でふうっと息を吐き、コンコンっと扉をノックする。


「─入ってくれ」

部屋の奥からそう光一さんの声が答えた。


「失礼します」

扉を開けて中に入る。
社長室とはまた違った清潔感のある香りに鼻がツンとした。

部屋の奥の椅子に光一さんが腰かけていて、資料に落としていた目をこちらに向ける。


顔立ちは少し柊ちゃんに似ていて、顔は彫刻のように綺麗で整っており、柊ちゃんの叔父とは思えない程だいぶお若く見える。
柊ちゃんのお父さんとは、だいぶ歳が離れていらっしゃるのだろう。


「そこの椅子に座ってくれ」

「はい」

そう言われ椅子に腰かけると、光一さんも机から何かを取り出し立ち上がって、私の目の前の椅子に腰かけた。

この作品のキーワード
社長  秘書  婚約者  幼なじみ  すれ違い  切ない  シナリオ19