南欧風の洒落たインテリアに囲まれた室内は、すでに夜の気配に包まれていた。

 湾側に面した大窓から眺める、幻想的にライトアップされたプールと綺麗な星空は、このリゾートホテルの大きな売りのひとつだ。

 でも高級ベッドに仰向けに横たわっている私の目には、残念ながらその素晴らしい景色が映ることはない。


 私は今、世にも眉目秀麗な男に強引にベッドに押し倒され、体全体で覆い被さられているところだから。


「階上(はしかみ)さん、やめてください」


「やめない。それと、俺のことは名前で呼べ」


 薄闇の中で短い会話を交わしながら、心臓は今にも破裂しそう。

 どうやってここから逃げ出そうかってことばかりを考えている。


 出入口の扉のカギはロックされている。
 しかもここはホテル本館からは隔離された、ヴィラタイプのスイートルームで周囲に人影はない。

 おまけに私を押さえつけているこの人は、このリゾートホテルを運営している企業の御曹司様だ。

 完全にアウェイ。どう考えても私に勝ち目はない。

 それでも私は一縷の望みを託して彼に懇願した。

この作品のキーワード
御曹司  王子様  シンデレラ  溺愛  運命の恋  じれじれ  ガラスの靴  ハピエン