「あなたはどうして、自ら現場に向かうのですか?」


小型のノートパソコン越しに、Lが話しかけてくる。

Fは、機能性食品のかすが残る、親指の先を軽くなめて、キーボードに触れた。


「そのほうが、手っ取り早いからだ」

「あなたも、ワタリからFの名をもらった者。
人間を操る術は会得しているはずです。
私たちは、世界の頭脳。手足になるべきではないとは、思いませんか?」

「俺にはおまえみたいに何重にも閉じられた部屋の中で、キーボードひとつで世界を操るのは、性に合わないんだよ」


Fが、笑う。

Lは、無表情なまま、理解できないというように、Fを見ている。

「俺は、実際にこの世界にいたい。
その場で、本当に流された涙や、生活、命、それを実感して、それを守るために動いていたいんだ」

「それは返って、能率を悪くすることです」


Fは、空を見上げた。

風に揺れる、木。

ネオンどころか、ガスや水道さえ満足にないような、世界の片隅。

それでも、この空気は、Lのいる場所では、決して体験できない。

この作品のキーワード
波岡一喜  パロディ  伊庭八郎  内緒  映画  舞台  ドラマ  伝言板  Vシネ