私、秋山日菜子の勤める課には仏と悪魔がいる。

仏は課長の飯田さん。
いつも穏やかで怒ったところを見たことがない。
その上頭がよくて説明も上手くて、人の話もきちんと聞いて理解してくれて。
とにかく尊敬できる上司だ。
私は飯田課長のことが好きで、一生ついていきます宣言をしている。
もちろん、仕事上の話だけど。

それに比べて私の直属の上司、坪内主任。
坪内さんは見た目王子様だ。
さらさらヘアに整った顔。
笑顔なんて胸を撃ち抜かれるくらいイケメン。
背も高いしスタイルもいいし、仕事もできるし。
落ちない女がいたら見てみたい。
いや、私は落ちてないけど。

だって彼は悪魔だから。

口が悪い、態度がでかい、腹黒い。
呆れるくらいに俺様。
なのに彼の元に配属される派遣社員は、皆彼に心を奪われ告白し、そして玉砕して辞めていく。
今まで何人女を泣かせてきたんだ。
罪作りなやつめ。

そんな感じで一向に坪内さんの補佐が定まらない。
みかねた課長が派遣を雇うのをやめて、社員であり課の庶務業務を担う私を、兼務ということで坪内さんの配下に置いた。

マジですかと思ったけど、課長が「秋山さんよろしくね」と優しい微笑みで言うから。
仏の言うことは絶対な私は、頑張りますと良い返事をしたわけだけど、実は少し後悔をしている。

この作品のキーワード
上司  オフィスラブ  胸キュン  激甘  ドキドキ  ランクイン