「雪菜、この問題も教えて」


「あぁ、これはね、この公式を使って……」


朝の賑やかな教室の中。


私は自分の席で、彼方くんに数学の問題の解き方を教えていた。


「あ、わかった。解けたかも。これで合ってる?」


「うん。そうそう、合ってるよ」


「やった!」


彼方くんとは先日、友達になるって約束をしたばかりだけど、彼は相変わらず、毎日のように私の席までやってくる。


私も今ではすっかりそれに慣れてしまって、いつからか、彼と話すのが日課のようになっていた。


自分でも不思議だなと思う。


男の子は苦手だったし、彼方くんのことだって、最初はチャラくて苦手だと思っていたはずなのに。


実際に彼とよく話してみると、そんなにチャラい感じでもないし、意外と真面目だし、すごく優しい人なんだなと最近思う。


もちろん、彼のすべてを知ったわけではないけれど、今ではだいぶ気を許せるようになったし、いつの間にか、彼と一緒にいることに、居心地の良さのようなものを感じている自分がいた。


この作品のキーワード
一途  胸キュン  イケメン  ベタ惚れ  泣きキュン  ピュア  切ない  男性不信  プレイボーイ  本気の恋