今の若者はなんにたいしてもハングリー精神がない。携帯は一人一台が当たり前、家に帰ればテレビやお菓子があり自由に過ごすことができる。凄く恵まれている。主人公のヒサエは80代の女性。自分が生きてきた時代と今の時代と比べ、日々妬んでいる。ある日…。孫と祖母の悲しい愛。

この作品のキーワード
フィクション  処女作  孫と祖母  女性  悲しい愛  時代  物語  テレビ  恵まれている  時間