付き合いたての俺の彼女。

よく笑ってすぐに拗ねて、無用心で迂闊。

心配ばかりかけさせるから、その度呆れてヤキモキさせられてばかり。



けれどそんな彼女がまた愛しいから、困る。





ピピピ、と鳴ったスマートフォンのアラームで目を覚ますと、カーテンの隙間からは光が差し込んでいた。



朝か……。

まだ少し眠い、けれど起きなければ。

ぼんやりとした頭のまま、服を身につけていない体を起こす。



ふと隣を見れば、シーツにくるまり眠るミネコ……もとい、亜子の姿。

同じく服を着ていない彼女は、肩をのぞかせ少し肌寒そうに眉間にシワを寄せる。



そっとシーツを肩までかけると温かかったのか、顔を緩めて「むにゃむにゃ」とよくわからない声を出した。

そんなちょっとマヌケな姿がかわいらしく、額にキスをしてベッドから降りた。



この作品のキーワード
同期  オフィスラブ  同居  クール  社長秘書