それは、檜山が出張から戻って数日後のことだった。



「記念パーティー?」



今日も一日仕事を終え、いつものように檜山とふたりで夕食をとっていた私は、彼の言葉に首を傾げて復唱した。

それに対し、檜山は夕飯であるナポリタンを食べながら頷く。



「あぁ。立花社長が懇意にしてる同業者主催のやつで、今度の日曜に軽井沢でやるんだって」

「軽井沢でパーティ……お金持ちっぽい」



平日は仕事して、週末は付き合いで出かけて、檜山も大変だ。

一方の私はパーティなんて結婚式くらいでしか出たことがないため、その光景をなんとなくで想像しながら、私もフォークにナポリタンを巻きつけ大きく開けた口に含む。



「大変だねぇ、社長も秘書も。気をつけていってらっしゃい」

「いや、だから。お前も行くんだって」

「へ?」



お前もって……私も?

私も!?

驚き、口に入れた麺をゴクリと一気に飲み込んでしまう。


この作品のキーワード
同期  オフィスラブ  同居  クール  社長秘書